紙ごみがたくさん

今日は岡山市の妹尾まで、ごみの引き取りに行ってきました。

 

とりあえず、うちの倉庫の『紙ごみ入れ』に入れてますが、

種類や内容があれこれとバラバラにたくさんありました。

 

今日の内容はほとんどが

『紙ごみ』

でした。

一概に『紙ごみ』といっても、

新聞や雑誌から本、辞書、百科事典や段ボールまで、紙の種類は多岐に渡ります。

これらが、種類ごとにまとまっていればいいんですが、

よくあるパターンは写真にように

『ごちゃ混ぜ、バラバラ、ビニール混入・・・。』

これらはある程度の素材種類ごとに『仕分け』と『まとめ』が必要になってきます。

もちろん『ビニールの取り除き』『CDやプラスチック系の付録等も取り除き』が必要になってきます。

 

本来ならば、

『紙は再資源化』

できる内容なので、費用負担はいらないところなんですが、

こうした分別や異物除去に人手と時間がかかってしまうため、

引き取り内容や状態によっては処分費用をお願いする場合があります。

もちろん、きっちり、しっかりと分別してまとめていただいてる場合では処分費用は不要となるのですが、出張でお伺いした場合では、若干の経費部分の負担をお願いすることとなります。

 

紙ごみって、なんだかんだと溜まってしまっていて、気づくとかなりの量で、しかも『重い!!』

どうしてもその『手間の部分』に費用がかかってくるものと考えてただけるとわかりやすいと思います。

 

最安での片付け方法は

『こまめにまとめて片づけて、近所の回収に出す』

のがお金もかからずベストなやり方なんですが、

そういうのが苦手で溜まってしまった案件が、うちのような回収業者に依頼としてやってきているのです。

 

できる人は、ちょっとずつでも片づけて、お得にうまく片づけていってみてください。

 

『これ、どうしたらいい?』といったご相談も、随時受け付けております。

 

================================

かたづけ・ごみ・不用品に関すること

なんでもご相談ください。

 

岡山Trash Box(トラッシュボックス)

TEL:0120-932-892

Mail:info@trash-box.com

================================

 

 

スポンサーリンク